お知らせ

お知らせ

JBFでは、今年度から「JBFの目的と活動内容」を新たに掲げて活動を行うこととしました。今後ともJBFへのご支援をよろしくお願いいたします。

~第11回JBFシンポジウムポスター発表資料の公開~

発表者様のご協力により、第11回JBFシンポジウムの一般演題ポスターを掲載いたします。ポスター賞を以下のように発表させていただきます。
Young Scientist Award:ポスターNo.15 「HRAM-LC-MS/MSによるヒト血清中アポリポプロテインEアイソフォーム定量分析法開発」
Innovative Scientist Award:ポスターNo.26 「抗体医薬品存在下でのunbound可溶性抗原の定量」
Good Collaboration Award:ポスターNo.4 「回折格子結合型表面プラズモン共鳴励起増強蛍光分光(GC-SPFS)によるシングルドメイン抗体を用いた検出」

受賞者の皆さん、おめでとうございます。多数のご参加に心より感謝申し上げます。

~第11回JBFシンポジウム口頭発表資料の更新~

第11回JBFシンポジウムでの発表資料の一部が更新されました。シンポジウムのプログラムに設定されたリンクからご覧ください。

~第12回JBFシンポジウムのお知らせ~

第12回JBFシンポジウムは2021年3月9-11日に東京都江戸川区船堀のタワーホール船堀にて「For the Next Generation」をテーマとして開催します。

~第11回JBFシンポジウムWeb開催の御礼~

第11回JBFシンポジウムのWeb開催は2020年3月24日~2020年3月26日に実施いたしました。 多数のご参加に心より感謝申し上げます。

~第11回JBFシンポジウム発表資料の公開~

第11回JBFシンポジウムでの発表資料の一部が公開されました。シンポジウムのプログラムに設定されたリンクからご覧ください。

~第11回JBFシンポジウム代替えWeb開催のお知らせ~2020/03/17

2020年2月25日~2020年2月27日に予定しておりました第11回JBFシンポジウムは、新型コロナウィルス感染の拡大を受け、タワーホール船堀での開催を見送りました。

予定していたシンポジウムの演題をできる限り参加者の方に視聴頂けるよう2020年3月24日~2020年3月26日にWeb開催を実施することと致しました。

発表資料のJBFホームページでの公開を行わない演題もございますので、是非とも参加頂けますようお願い申し上げます。プログラムの詳細やWebへの接続方法等は、参加登録時にご記入いただいたE-mail アドレスに改めて連絡いたします。

~第11回JBFシンポジウム中止のお知らせ~

第11回JBFシンポジウムは新型コロナウィルスの感染状況・厚生労働省からの通知を踏まえ中止としました。詳細は別途参加登録者に連絡いたします。
この度は直前の中止決定となり、シンポジウム参加者・関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたことを深くお詫びいたします。

第11回JBFシンポジウムの要旨集を更新しました。

なお、要旨集はシンポジウム当日、会場にて配布致しません。

~新型コロナウィルスに関して~

第11回JBFシンポジウムは開催する予定で進めておりますが、現状を鑑みて、シンポジウム2日目に予定しておりました情報交換会は取りやめることといたします。

新型コロナウイルスの感染拡大が報告されております。開催会場となりますタワーホール船堀と緊密な連携をとり、安全な大会の開催を目指してまいります。ご来場にあたってはマスクのご着用、手指衛生にご協力ください。
倦怠感・発熱・咳くしゃみ等の症状がある方は、参加をご遠慮ください。

政府の新型コロナウィルス感染症対応に関して
https://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html

第11回JBFシンポジウムの要旨集を更新しました。

第11回JBFシンポジウムの要旨集を更新しました。

第11回JBFシンポジウムの参加事前登録を延長

第11回JBFシンポジウムの参加事前登録を1月24日まで延長しました。

第11回JBFシンポジウムの要旨集を公開しました。

第11回JBFシンポジウムの暫定プログラムをUpdateしました

第11回JBFシンポジウムの参加事前登録は現在受付中

第11回JBFシンポジウムの参加事前登録は現在受付中です。

第11回JBFシンポジウムのポスター演題一般公募を締め切り

ポスター演題一般公募を締め切りました。

第11回JBFシンポジウムの実行委員長挨拶を掲載しました!

第11回JBFシンポジウムの暫定プログラムをUpdateしました

なお、今回新しい試みとして「クロマトグラフィーのレギュラトリーバイオアナリシスに関する、情報交換の“場”」、 というセッションを企画致しました。

第2回s-DG(Small/Short Discussion Group)実施中

第2回s-DGは「キャリーオーバーが見られた場合の解消法は?」がトピックスとして選択され、本トピックスに応募したメンバーによって議論を開始しました。

第11回JBFシンポジウムの参加事前登録開始

第11回JBFシンポジウムの参加事前登録は12月2日(月)10時より開始致します。
なお,登録締切は2020年1月17日(金)です。事前登録をご希望される場合は、締切までにご登録をお済ませください。

第11回JBFシンポジウムのポスター演題一般公募期間を延長

第11回JBFシンポジウムのポスター演題一般公募期間を延長しました。

第11回JBFシンポジウムの暫定プログラムの更新

第11回JBFシンポジウムの暫定プログラムをUpdateしました。

第11回JBFシンポジウムのご案内

第11回JBFシンポジウムは2020年2月25-27日に東京都江戸川区船堀のタワーホール船堀にて「The Beginning of a New Era」をテーマとして開催します。

詳細は決まり次第ホームページ上でお知らせしてまいります。ご期待ください。

【問合せ先】バイオアナリシスフォーラム(JBF):jbf.office1@gmail.com

JBFワークショップ開催

ワークショップの議論から得られたICH M10ドラフト文書に対する意見及び修正案を資料にまとめました。この内容をJBFからのパブコメとして厚労省へ提出しました。

第10回JBFシンポジウムのレポート公開

第10回JBFシンポジウムのレポートが公開されました。

JBFワークショップに関する資料

ワークショップの議論から得られたICH M10ドラフト文書に対する意見及び修正案を資料にまとめました。
この内容をJBFからのパブコメとして厚労省へ提出しました。

JBFワークショップ開催

7月25日に「ICH M10 生体試料中薬物濃度測定法バリデーションガイドライン(案)」に関するJBFワークショップが京都リサーチパークで、JBF法人会員と賛助会員を対象に開催されました。ワークショップで会員の皆様から集められました意見によりJBFからのパブリックコメントを現在作成中です。
作成されましたパブリックコメントにおきましては、今後、本Web-Siteや第11回JBFシンポジウムなどで皆様と共有していく予定です。